【2018年の断捨離開始〜50代主婦が実感したユニクロTシャツの賞味期限】

2018年も断捨離開始いたしました。

 

今日は、ずーっと気になっていたタンスのTシャツを断捨離いたしました

これは、衣替えと言うより断捨離。

 

ここ数ヶ月、かなり意識して断捨離をしています。

今回も結構手放すことにしました。

 

今回、凄く意識したのが、『このTシャツ、今年の夏も着る?』 ということ。

 

私は本当に捨てるのが苦手な人。

 

・高かったから

・まだ着られるから

・可愛かったし…だと、捨てられないんです(笑)。

 

でも、服好きとするとなんだかんだで、服は増える。

で、意識的に断捨離をしているわけです。

 

1日1回 1クリック! どうぞ、よろしくお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 ファッションブログ 50代主婦ファッションへ

 

50代主婦のTシャツの手放し方

 

今までは、捨てられない私的手放し方法とは、「実際に着てみる」 が一番効果的でした。

 

もちろん、これはとても有効。

今でも迷ったら、着ます!

 

が、今回 『今年の夏も着る?』 を加えてみました。

今年っていうのがミソで、かなり短期的なのですが。

 

そうしたら… ぶっちゃけ!!

 

あんなに昨年着ていたユニクロとか、ガンガン手放せる(笑)。

あと、キャラクターもの(この後に及んで、まだ持っていたという)。

もちろん、ベーシックで気に入っているものは『着る!』に残りますけれどね。

 

今日の断捨離は、タンスの中のTシャツの引き出し1段分です。

 

ワードローブ整理のポイントについてはこちらの記事に詳しく書きました→ただいま絶賛断捨離中!!50代ファッション

 

手順は、

 

1. Tシャツを全部出しする

2. この1年の間に着た服、着ていない服にわける。

3. 着ていない服を分別する。

4. 保留服を試着する

5.『とりあえずボックス』の活用

 

まずは、全体像がこちら

 

そして着た服、着ない服に分けた後、分別。

 

まずは、1年以上着ていないもの

無地ものもありますが、生地が暑すぎる、穴が開いている、色が似合わないなど。

 

キャラクターもの

水森亜土デザイン、かわいいけれど、以前電車で同じTシャツを着ている20代の女の子と丸かぶりしていて赤面ものでした^^;
結局、それ以来着ていない。

 

ユニクロの夏限定コラボデザインもの

おもにUNIQLO、涼しくって大好きなんですけれど、ヨレヨレです。

穴は開いていないものの、もう着倒しすぎていて人前では着られないもの。

 

キャスキッドソンなどは、もう10年近くになるかもしれません(^◇^;)

考えてみると、十分モトを取ったと言えます。

 

なんか、旬をすぎてしまったラルフローレンのポロシャツ

 

今回は「とりあえずボックス」は使わないで即処分です。

 

そして、多少すっきりした引き出しがこちら。

 

50代主婦が実感した、ユニクロTシャツの賞味期限

 

このヨレヨレのユニクロTシャツを前に感じたことは…。

 

確かに、この一連はその時の旬のデザインやブランドだったりするので流行り廃りはありますけれど。

やっぱりTシャツの賞味期限って、よくて2~3年なのかなっと。

 

え?

ベーシックアイテムだったらもっと長く着られますけれど? と思われる方。

 

でも、ベーシックだって、 実は少しずつ変わっています。

 

昔、買った白TシャツやシンプルVネック。

今着ると、何となく違う…ってありませんか?

本当に細かいディテールで印象って変わるんですよね。

 

だから、古くさく感じたり、似合わなく感じたり、野暮ったく感じたりします。

 

着まわしの幅を広げておしゃれ度をあげるために必要なアイテムとは→無印&ユニクロの◯◯

 

それに体型も微妙に変化してきますから、やっぱりTシャツの賞味期限って、2~3年くらいが1つの目安なのではないかなあ…って思います。

 

今年の私に必要な服とは?

 

それを超える基準は、なにかと言えば。

 

・自分が好きであること。

(デザイン、素材、丈感など好みが合っている)

 

・自分らしいこと

(どう見られたいか?に合っている)

 

・着心地がいいこと

(サイズが合っている) …と思うのです。

 

無駄に高いものを買っても仕方ないし、だからといって安いモノを妥協で買っても仕方ない。

まぁ、プチプラはある意味、ワンシーズン限りで楽しめる娯楽という受け取り方もありますが(笑)。

 

ですが、やはり今回は、「廉価」「かわいい」「使えそう」というプチプラ便利気分で買ったものは、もう今年(これから)の私には必要ないのだなぁ…ということが よくわかったのです。

 

結局、ワクワクするファッションって やっぱり、将来の自分に直結していることなのではないでしょうか。

 

みなさんは、今年の夏、そして1年後、3年後、どうなっていたい?

どんな女性になりたい? どう過ごしたい? のでしょうか。

断捨離しながら、気にしてみてくださいね。