昨日の朝日新聞デジタルのニュースを読んで驚きました。

埼玉県労働組合連合会(埼労連)と有識者がまとめた「普通の生活」のための年代ごとの支出という調査結果。

 

なんと、50代の家族が人並みに暮らすには、月収50万円以上のお金が必要なのですって!

 

「人並みに」の定義がなんとも曖昧なのですが、夫婦と子供二人、そして子供を大学まで進学させるという想定らしいです。

 

これを読んで、「私だけがたくさん使っているんじゃなかった」とホッと胸をなでおろす蘭子。

「そうだよね〜、そうだよね〜、このくらいは必要なんだよ。」と、夫にこの調査結果を見せたくなりました。

この記事の続きを読む