断捨離をしていると、お気に入りの服って、結構あるのに気がつきました。

特に、カシミアのニット

 

ところが、こういったお気に入りのニットに限って、久々の衣替えで出してみると虫食いの穴が!

 

穴が小さければ繕えますが、大きすぎたり数が多すぎると考えもの。

捨てるには惜しい、でも着るために繕うかリメイクするかが必要・・・で、結局放置プレイだったものが数点。

 

そんな蘭子、先日素敵な手法、ダーニングを知りました。

今日は、ニットデザイナー野口光さんの作品とダーニングについて書きますね。

この記事の続きを読む