11月14日は月が20時21分に近地点(地球に最も近くなる地点)を通過して、22時52分に満月

エクストラスーパームーンと言われています。

 

この巨大な!という意味は、地球の中心から月までの距離が、68年前1948年1月26日の満月のときの距離に次ぐ近さだということなのです。

 

しかもこのお月様の位置が、牡牛座にあるので、今回の満月は「金運」が大きなテーマ!

そこでお月様のパワーを、あなたの金運に取り込んでみませんか?

 

エクストラスーパームーン(満月)にしたいこと

 

最近、流行っているのは満月に向かってお財布をフリフリすること。

お財布からクレジットカードやポイントカード、レシート、割引券などを抜いて、一旦からっぽ状態にした後、お月様に向かって振り、パワーをもらうというもの。

 

お月様の「満ちる気」の波動と、「感謝!お金がたくさん入ってきています。ありがとうございます!」と宣言した自分の潜在意識が変化して、金運を引き寄せるというものです。

 

まぁ、お財布をフリフリするくらいで、「お金持ちになるわけないじゃん!」と思う方はする必要はないと思います。

私自身、「お財布フリフリしたくらいでお金持ちになるような、そんな虫のいい話があったら、誰も人生悩まないし、みんな大金持ちだよ!」って思っています(笑)。

 

要は、自分自身あってのお月様のエネルギーですから、「お月様、お金ちょうだい!」というような丸投げ、他力本願ではダメだということです。

 

ですが、この満月お財布フリフリの本当の意味は、お金やお財布は、綺麗な状態でいることが居心地良いし、綺麗な状態にしてくれる人のところへ行きたいなって思っているだけということ。

 

これはスペース・クリアリングの意味と同様で、気を入れ替えるというように捉えてみましょう。

 

お金だって、居心地のよいところ、きれいなところが好きなはずです。

レシートや、カードでいっぱいのところにギュウギュウに押し込まれているよりは、すっきりきれいなところ、いつも感謝されているところに行きたいはずですよね。

 

満月に向かってフリフリしなくても、お財布をきれいに使うというだけで十分効果はあると思います。

 

スーパームーンに金運を呼び込むためにしておきたいこと

 

さて、14日の夜に迎えるスーパームーンですが、それまでに家の中から、なるべく要らないものを捨てておくということをおススメします。

 

満月の日は、今まで執着してきたモノや出来事を解き放つ、わだかまりや不要なモノと別れるにはもってこいなのです。

自分の中にあるモノを減らすことで新しく必要なモノが、また自分に入ってくる余白やスペースができる。

 

断捨離をすでにしている方は、よくご存知のことと思います。

「いつか使うかも…」は、永遠に使いません。

このタイミングに、1年以上使っていないものは「えい!」と、思いきって捨ててみましょう。

 

人にもらったものや、ほしくて買ったけど結局使っていないもの。

そのようなモノも、満月の日を選んで手放してみてくださいね。

スポンサーリンク

 

月の満ち欠けと断捨離をうまく組み合わせてみる

 

月は、自然にも人間にも働きかけていますから「一番近づく」ということは「影響が大きい」ということ。

感情のふくらみが高まりますし、良いもの悪いものの区別なく、吸収力がアップしてしまうということです。

 

せっかくのお月さまパワーですから、いい影響をもらいたいものです。

 

お月様のリズムとシンプルライフの関係についてはこちら→月の満ち欠けを利用して、心身共にスムーズにシンプルライフをすすめるコツ

 

月のリズムは大きく分けて4つ。「新月」「満ちゆく月(上弦の月)」「満月」「欠けゆく月(下弦)」です。

 

新月はチャージ期、上弦の月は補給、摂取の生産期なので学びなど。

そして満月になったらデトックス開始!

今まで執着してきたモノや出来事を解き放つ、わだかまりや不要なモノと別れるにはもってこいの日でもあるのです。

 

こういった各月齢の特徴に合わせると、断捨離もスムーズに進むはず。

 

モノだけでなく、不達成感とか「できなかったこと」「できないこと」、こんなネガティブな感情も手放すには、いいタイミングだと思いますよ。