普段のお肌のお手入れは、できれば自然な肌自身の力を活性化させるためにも、お化粧しないにこしたことはないのですが、私の場合は人に会うことも多くてノーメークだけで過ごすことができません。

 

ご近所だからと手を抜いて、いきなりママ友に会ったりすると「具合悪いの?顔色、悪いよ」と言われたり、スッピンでイケる!と思っていたのに、ショーウィンドウに映った自分を見て!(◎_◎;)なんてことはありませんか。

この年にもなると、外歩きに最低限の身だしなみは必要なのです。

 

今日は、そんな50代に必要なシンプルかつミニマムな化粧品。

蘭子が、長年愛用の無印資生堂のプチプラコスメをご紹介します。

 

これさえすれば大丈夫!シンプルかつミニマムな化粧

 

肌のお手入れということに関しては、人それぞれ肌質もちがいますし、ポリシーがあると思います。

ですが、50代という年齢からいえば、よほど肌が丈夫な人でない限り、なんらかのメンテナンスは必要だと思います。

 

 

お化粧自体が嫌いとか、負担なのであれば仕方がありませんが、外に出る時は(庭仕事程度であっても)お肌のベース(日焼け止めも兼ねて)くらいはつけたほうがよいです。

 

そして外出するのであれば、最低限、眉だけはあった方が、周囲にもビックリされないですみます。

眉って描いていないと寝起きバアさんの顔ですが、描けば一応外向きの顔にはなります。

 

顔相を観る方からいわせると、眉は意外と重要で、顔の中の意思表示をするポイントなのだそうです。

外出する時にしっかり眉がある方が、例えば買い物で迷わないとか、無駄な物を買わないとかの自分の意識もはっきりするのだそうですよ。

 

プチプラすぎる資生堂のアイブロウペンシルは、なんと200円。

 

さて、ご紹介するのは、私が長年使っている資生堂のアイブロウペンシル。

高校生くらいから使っていますから早40年近くになります。

 

資生堂のEYEBROW PENCIL

色はダークブラウンを使っています。

 

なんとこちら、200円(+消費税)!(◎_◎;

 

 

 

まずこのお値段ですよ、200円って…。

眉を描き忘れた~と気づいた時でも、コンビニや大手のスーパーのコスメコーナーなら絶対置いているので、なんとかなります。

 

ちびたペンシルはコスメポーチのサイズを選ばないし、いざという時は、眉だけでなくアイライナー代わりになって有難い。

しかも、これ本当に落ちにくいです!

朝に描いて夜帰ってきても取れていません。

 

もちろん、私も若い頃は、メイク用品に凝った時期もあって、いろいろなブランドのコスメを試しては使っていました。

スポンサーリンク

化粧方法も時代によって、眉を細くしたり、太眉が流行ったりしたので、アイブロウジプシーにもなりました。

リキッド、パウダー、ペンシルと色々彷徨いましたが、結局これに戻ってきました。

 

コスメコーナーで、繰りだし式でこの製品と同じくらいやわらかいものを探そうとすると、テスターでやわらかすぎて芯が折れている無残な姿になっていたりしているのをよく見かけます。

やはり、もう硬めのこの鉛筆タイプで決まりだな〜というわけです。

 

優れもののコスメはいろいろあれど、私にとっての定番、ロングランはこの一品です。

 

 

ツヤ肌をつくる無印の優秀チークカラー

 

若い時はいいけれど、歳をとると顔に脂っ気がなくなってきます。

だいたいアラフィフの人の顔を見ると、昭和のままのお化粧をしている人が多く、マットな肌仕上がりです。

リキッドファンデを使っていても、 最終、お粉で仕上げるからツヤがなく、しかも粉っぽい人ってシワも目立ってます。

 

若い人っておデコとか頬は光っていますよね?

顔にツヤがないと、ババァっぽく見えます。

 

そこで、粉っぽくしないコツは顔一面お粉で仕上げないことです。

(パウダーを顔一面に、はたかないこと)

おデコとか頬とかはファンデの上から、ラメラメ感のパウダーをひと刷毛かけると、ツヤ肌っぽくなります。

 

 

普段の肌ベースのコスメは決めたブランドのモノを使っているのですが、 そこの品揃えではラメ感のあるパウダーがなく。

キラキラのパウダーを探していた時に見つけて、思わず購入した一品。

それ以降、ずっと(10年以上)使ってます。

 

こちら、無印良品のプチプラコスメ。

チークカラー クリスタルタイプ・オレンジ 3.5g

600円(税込)

これは、ラメ感がとてもきれいで、つけると「肌がツヤツヤしている」って褒められます。

色はそんなに濃くないので何度か重ねるとオレンジも出るので使いやすいですし、キラキラだけ欲しいときにも使えて万能。

 

ドラッグストアのプチプラコスメを探してもこの安さのパウダーは見当たらず…。

かといって粒子もそんなに粗くないので、保ちも悪くないです。

何よりケースがコンパクトですから、小さなコスメポーチに入れても気になりません。

オススメですよ~。

 

アイシャドウにもフェイスにも使えるこのパウダー

無香料、無鉱物油で、 なんと税込600円。

 

安っ!

 

無印良品のコスメラインは、無香料、無鉱物油が多く、オーガニック派の方にもオススメです。

 

こちらはチークカラーのコーナーに並んでおりますが、間違ってもマットタイプを選ばないようにするのがコツです。

 

クリスタルオレンジのテラコッタっぽいお色の方が、自然な仕上がり感になります。

化粧水やクリームなど、顔につけるモノは決めていますし、 肌に変化が現れるのも時間がかかります。

でも、こういったメイク用品は使い方ひとつで印象が随分と違うもの。

このお安さなので、ぜひ一度お試しくださいね。