最近、ママ友とのランチで話題に出るのが「自立」という言葉。

 

すでに離活や卒婚をしている人もいるのですが、まだそういう段階ではないのだけれど、旦那のお給料に不満があるといったら悪いが、実は自分でも稼ぎたい、本当は自立したい・・・だけど、どうやってしたらいいのかわからない。

 

気持ち的にこういったモヤモヤのある状態って、シンプルじゃないですよね〜。

 

自分を変えたい。自立したい。変わりたいけど変われない。 どうしていけばいいのか分からないという50代のモヤモヤ主婦って多いと思います。

 

ポチッと 1クリック! どうぞ、よろしくお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

 

変わりたいのに変われない人の特徴

 

50代に限らず、変わりたいのに変われない人って、とても多いと思います。

 

家でできる仕事だからと、アロマセラピーを学んでみたり、心理学やスピリッチュアルの資格を取ってみたり。

変わりたくて色んな自己啓発セミナーに参加したり・・という方。

 

でもどれだけお金と時間を使って知識を身につけても 、やっぱり自分が好きになれなかったり、まわりと自分を比べて自信が持てなかったり将来に対する不安が手放せない、そんな人。

 

「自分は何をしたいのか」 「どう在りたいのか」

 

みんな、自分のことがよく分からないのは 「何かが足りないからだ」って捉えがち。

だからモノではないけれど、知識や学びをプラスしなければと思ってしまう。

 

例えば、自分のことが分からないのは、学びが足りないからっていって心理学の講座に通ってみたり。

自分を知る力が欠けているからといって、占いやセラピーで、客観的に 「あなたはこんな人です」 と指摘してもらって 「そうなんだ!」 とその気になってみたり。

 

でも、「外」に答えを探しに行っても 「本当の自分」なんて見つからないと、蘭子は思うのですよ。

 

占いとか心理学とか、統計的に言って 「こういう傾向がある」 っていうのは分かりますけれどね。

あなたという存在はこの世界にただひとり。 ほかの大多数と一緒に括られただけで あなたという人の本質が分かるわけじゃあない・・・そう思いませんか?

 

「本当の自分」を見つけるために 外に探しにいく必要はないのにね、答えはもっとシンプルなのだ!と私は思うのですよ。

 

パソコンのOSとアプリの関係

 

自立したいと考えて、セミナーや講座で学んでも、変われない・自立できない人っていうのは、実は、自分の「在り方」が定まっていないからではないでしょうか。

 

私がそういう友人のお悩みを聞いていた時に、ふと思ったのは、色んな知識やスキルって 言ってみればソフトやアプリみたいなものなんじゃないかと。

 

それに対して「在り方」というのは WindowsやMacなど、パソコンやスマホでいえばOSの部分。

いくらアプリソフトをインストールしたところで OSの性能が悪かったらうまく起動しないでしょ? っていうことです。

 

あくまで、OSあってのアプリなのではないかと・・・。

 

言葉を変えていうと、OSの性能さえ高めていけばすべてのことがスムーズにいく。

これまでインストールしたものの 使いこなせなくて放置していたアプリだってうまく使いこなせるようになる。

 

でも、おそらく「自分はいったいどう在りたいのか?」  ここが分からず、前に進めない人が多いと思うのです。

スポンサーリンク

 

最近のママ友とのランチでも、ここに至って話しこみだすと長い、長い(笑)。

 

特に離活希望の友人なんて、「変わりたいけど変われない。 どうしていけばいいのか分からない。」と言っているそばから、「自分は正しい」というところから絶対踏み出そうとしないから、いつまでたっても堂々めぐりの話になります(T . T)。

 

「はい、はい、あんたは正しい。っで、結局 どうなりたいのよ。」

 

人生って、その人が正しいか、正しくないかではないと思うのです。

だって、いくら正しくたって気持ちがいい人生でなければ意味がないでしょ?ってこと。

 

自分は正しいことをしている、なのに、なんでこんなに憂鬱な気持ちなのだ・・・→こんなに憂鬱なのは、あの人(例えば旦那)が悪いせいだ! と、決めつけているけれど。

 

「変わりたいけど変われないんでしょ? どうしていけばいいのか分からないんでしょ?」

 

もしかしたら、それは、本当は、自分は誰かに認められたかったからだけなのかもしれませんよ? と、私は思うのです。

 

簡単にできる「自分がどう在りたいか?」の見つけ方

 

「変わりたいけど変われない、どうしていけばいいのか分からない」方は、ぜひ、ペンとメモを用意してトライしてみてください。

 

1、まず、あなたが憧れている人、尊敬している人を3人、書き出してみます。

実在していない人、例えば歴史上の人物とかマンガのキャラクターとかでもOK!

 

2、次にその人のどんなところに憧れているのか? どんなところを尊敬しているのか?

具体的に書き出してみてください。

 

3、書き出した「憧れポイント」の中で、外見に焦点を当てているものもあれば、内面に焦点を当てているものもあると思います。

 

この「内面に焦点を当てている憧れポイント」が あなたが、深層心理で望んでいる在り方になります。

 

例えば、尊敬しているA先生としてみましょう。

A先生のどんなところを尊敬しているのかというと・・・・

 

「言行一致しているところ(裏表がない」」

「100%ありのままの相手を受け入れる」

「どんな時も諦めないところ」  というところでしょうか。

 

つまりこれが、あなたの目指す「在り方」でもあるのです。

これを3人分してみると、かなり自分の在りたい姿がはっきりとしてくるのではないでしょうか。

 

自分の在り方が定まると、そこに向かって 「どう生きていけばいいのか?」 というブレない軸ができますよね。

そしてその在り方を突き詰めていくことで自信が生まれるので、自分を信頼出来るようになるのですよ。

 

「どう生きていけばいいのか」がわかれば、「変わりたいけど変われない。 どうしていけばいいのか分からない」から脱出できると思うのですが、あなたはどう思われますか?

 

簡単なので、一度やってみてくださいね。