蘭子の住んでいるエリアは住宅街、なぜか地域放送がよく入ります。

台風や震災の時は災害警報が流れますが、ふだんもっとも多いのは認知症の方が行方不明になったという放送。

 

行方不明になった方の年齢を聞くと、そんなに若い方がなぜ?と思うようなことも多いこの頃。

若年性認知症などが増えていることなどから、現代人の脳の健康状態には危機感を持っています。

 

どうやったら、老いても身体も脳も健康でいることができるのでしょうか。

 

蘭子はまだやりたいことがたくさんありますので、できるだけ長生きしたい派です。

息子には「無駄に長生きしなくていいよ」と言われていますが、無駄でもいいから長生きしたいと思っています(笑)。

 

ですので、認知症にならず、身体も脳もできるだけ健康でいたいと思っています。

 

ポチッと 1クリック!どうぞ、よろしくお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

 

足が地面から離れるジョギングは、脳が刺激を受けて活性化する

 

先日、あるセミナーに参加した際、講師の方の話の途中で「さぁ、みなさん立って、その場でジョギングを5分してください」というエクササイズがありました。

 

健康で長生きするために歩くウォーキング、足腰を鍛えて筋肉を衰えないようにするのはよく知られていますが、実は足を地面から一瞬離すジャンピングという行為がにはとてもよいそうなのです。

 

セミナーのような長時間座って何かを集中して聞いていると、集中力が途切れて話が頭に残りにくくなるそうです。

 

そういった時にちょっとした刺激で脳を活性化させることで、聞いた話の断片と自分の中の何かの記憶の断片をつなぐことによって、より記憶に残りやすくなるそうです。

 

ホノルルに行きたいから始めたマラソン

 

ダイエットや健康管理のために始めよう〜ストレス解消やアンチエイジングのために走る人は多いと思いますが、蘭子のように、ただハワイへ行きたいからという、よからぬ欲望のためにマラソンを始めようとする人は少ないと思います。

 

ですが、理由はともかく、走ることで認知症の予防、脳の活性化には効果絶大、ひいては周囲の人のためにも健康的に生きることは大切だと思っています。

 

走れば、カロリー消費量が上がり、代謝がアップします。

栄養をしっかり摂っていれば、酷使された筋肉が修復され筋力が増強します。

ジョギングは有酸素運動ですから心肺機能も向上し、体力づくり、健康管理、ダイエットにつながるわけです。

 

走ることによって、足が地面から離れてジャンピングする刺激を受けて脳が活性化します。

ドーパミンが分泌され、前頭前野、海馬、運動前野、運動野に良い影響を与えます。運動前野が働くことにより細かい動作が素早く出来るようになるわけです。

思考力、記憶力が良くなる。ということは、決断力や注意力が向上、計画性や冷静さが生まれるというわけです。

 

どうでしょう? こんな冷静で決断力のある80代の現役マラソンランナー婆ちゃん、カッコよくないですか?

 

どの時間帯に走るのが、もっとも効果的なのか?

 

ウチの近くは海沿いのサイクリングロードなど、マラソンやジョギングにもってこいの道路があります。

 

夕方の犬のお散歩の時にもたくさんのランナーに出会いますが、せっかく走るのであれば、朝夕のどの時間帯が一番効果的なのでしょうか。

スポンサーリンク

 

1日のうちで体温がもっとも低いのが早朝。

走るという運動によって体機能が早く目覚め、体温が上がって代謝が良くなるので、体脂肪の燃焼効果が高くなるのだそうです。

 

朝走ると体脂肪の燃焼効果が高くなる

 

蘭子はまだ習慣付いてはいないのですが、朝走るように習慣づけていくと、体内時計も正常に働くようになるらしいです。

 

体脂肪の燃焼効果を考えなければ、夜走ることで、1日のストレスを発散することができます。

暗くなって視覚情報が減ることにより集中して走ることができるようです。

働いている人にとっては、朝より時間も確保しやすいでしょうし、汗をかいて適度な疲労感を得られるので、眠りも深くなると思います。

ドーパミンの分泌や脳の活性によって、自律神経も調節されます。睡眠も質が良くなり、ストレスが軽減されるようになります。

 

認知症、うつ病の予防や治療にも効果があるジョギング

 

脳がダメージから守られるようになるので、アルツハイマーなどの認知症や、うつ病の予防に効果があるのはすでに知られていますが、既になっている認知症も進行を食い止めたり、症状を軽くしたりということがあるそうです。

 

なにより運動すると体内に酸素をたっぷり取り入れることができるので、寿命が延びるはず!

 

脳の働きを活性化させる走りなら、スロージョギングで充分だそうです。

スロージョギングは1日15分から30分程度、朝昼晩に分けて走っても、毎日でなく週3回くらいで十分な効果が得られるようです。

 

姿勢を整えて、歩幅の目安は10センチ程度。

5秒で15~16歩くらいのペースで小刻みに小走りな感じ?でオッケーだそうです。

 

シンプルライフの基本は健康から〜体を動かすという感覚で三日坊主を返上

 

なにごとも続けないと意味がない、とも言われていますが、いつも三日坊主な蘭子。

「ガンバロウ!」と気負いすぎると長続きしません。

 

暑い季節なら汗だくになって運動するなんて絶対避けたいところですが、このところ、寒いくらいに涼しいので走りやすくなりました。

 

まずは、来年1月の10マイルマラソンを走るのが目標です。

初心者ランナーの「はじめの一歩」についてはこちらに書いています→50代 主婦、マラソンをついに始める

 

1日15分を3回に分けても良いと自分に甘く考えて、1回5分。

ちょこちょこ小刻み小走りするだけ、遠くまでを目指さなくても近所をまわるだけで充分と思っています。

 

理想は、ウチのワンコと一緒に走りながらジョギング(あくまで映画のワンシーンのようなことを夢見ておりますが)。