スポンサーリンク

年末に家出をしておりました息子、1ヶ月ほど受験勉強から遠ざかっていたにもかかわらず、無事大学に合格いたしました。

 

高校での日頃の成績を知っているが故に、浪人を覚悟していた母もびっくりですが、まぁとりあえず無事船出をしてほしいと思っています。

 

以前、大学合格したら全捨てするといっていた本や参考書、ついに断捨離決定いたしました。

今日は、高校生男子最後の汚部屋ビフォーアフターをお見せします。

 

ついに汚部屋返上か? ビフォーアフター

 

まずは、先月までの汚部屋の状況

←Before

この状態で、勉強できるところがすごいΣ(・□・;)

 

ノミが床で跳ねている汚部屋の住人→高校生男子の汚部屋、ビフォーアフターとその結果

 

そして、全捨てが決定した参考書、教科書と紙ものいろいろ。

 

書き込みがすくない参考書は再販します。

大学用の赤本もぎっしりあります。

(なんのために買ったんだか(−_−;)

 

どんどこ捨てて、引き出しの中もほぼ全捨て。

 

ファイルやノートも要らないそうです。

服は、小さくなったものは私のパジャマ、もしくはウエスになります。

 

←After
ほほ〜、すっきりしてきました。

奥の本もかなり処分の予定。

 

4月は、生活のリズムを変えるチャンス

 

進級や進学、そして社会人になるなど4月から新生活に入る人は、3月は断捨離のチャンスです。

4月になっても何も変わらない人も、卒業シーズンである今こそ、生活を変えるのに最適(私もね)だと思います。

 

今までのモノやコトにとらわれず、過去のモノ(未来に必要のないもの)はすべて手放すことをしてみましょう。

 

一家の主婦ともなると、自分の個室がある人は少ないかもしれませんが。

本棚、机、引き出し、タンス・・・と4月からの生活に必要なもの、不要なもの。

 

モノだけではなく、手放せるコトもないか?

 

いつもの家事のルール

ルーティンでしている無駄なコト

メールやスマホを見て過ごす意味のない時間

買い物の仕方や時間、量など

 

やらないコトを決める→在りたい自分になるために、自分の持っているものを一旦「捨てる」決断をする。

 

人は本当にやりたいことしかできません。

やりたいことを無視して生きていけば、いつか必ず心が反乱を起こして病気になります。

 

自分以外の人の人生をなんとかしようと思ってはいけない→【高校生の息子が家出しました】心静かなお正月に想うこと

 

4月からは息子も大学生。

すっきりと片付いた部屋にいることで、頭の中もすっきりしてくるのではないでしょうか。

そして、これからの4年は、本当にやりたいことを見つけるために過ごしてほしいと思います。