素敵なニットを着るのは冬の特権ではありますが、おしゃれミニマリストを目指すのであれば、シーズンレスなファッションで通す方が理に適っていると思います。

 

今年の夏に買ったおしゃれなレーススカート。

せっかくのレーススカート、1年中通して着ることのできるおしゃれ素材ですから、イベントの多い年末こそ活用したいものです。

 

ところがこう寒くなってくると、50代はいつも外出する時に、「寒かったら、どうしよう!?」って思いませんか?

 

それで、いつも結局モコモコの恰好になってしまい、おしゃれとは程遠い姿になってしまう・・・。

 

おしゃれをして出かけたいイベントは、ニットのモコモコ素材よりはレースのほうがすっきりして(あたりまえですが)おしゃれに見えます。

 
ポチッと 1クリック! どうぞ、よろしくお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

 

レーススカートは1年中使える、便利なおしゃれ素材

 

レースの服って年中使える素材といわれていますが、本当のところはどうなのでしょうか?

 

レースの素材自体は、秋冬に売っているレーススカートなら、少し厚手だったり、春夏に比べると、色なども温かみを出すような感じが多いようです。

ペチコートと色を合わせて深みを出して、暖かさを感じさせたりしているものもあります。

 

とはいえ、私が持っているこちらのレーススカートはやはり薄手ですし(ペチコートも短い)・・・

 

 

 

 

 

 

また、チェックしてみると最近出たGUのレーススカート(1,990円+消費税)も薄手でした。

私自身は、初夏に購入したレーススカート、秋冬に入りタイツとニットと合わせて履けばなんとかなるだろう〜と、11月に試したところ、なんだかスカスカ、下半身が冷えて仕方なく、寒くて、寒くて!

 

その時は、泣く泣く厚手素材のスカートに履き替えました。 (レースを見せたくて、ショートアウターだったせいもあります…。)

 

タイトシルエットなので、ふだん履いているマシュマロパンツも仕込めず、こりゃ、なんとかせねば・・・と考えて抵じた策がこちら

 

ユニクロのインナーの活用術

 

ニットスカートは暖かくて、それはそれでかわいいけど、やはり50代が着ると下半身が膨張して見えてしまいます。

パーティなどのイベントだとなおさら、ニット素材を着るとカジュアル感が増してしまいます。

ふんわりスカートなら毛糸のパンツもOKですが、タイトシルエットは難しい。

 

ということで、ここ数年、私自身が愛用しているユニクロのヒートテックショートパンツ。

(ユニクロの回し者ではありません)

 

ヒートテックウエストウォームショートパンツ(990円+消費税)

 

これって、薄くて、しかもお腹までカバーされるからかなり暖かいです。このウォームパンツにタイツを合わせれば、十分冬でもいけます。

ラメニット×おしゃれレーススカート、インナーはUNIQLOヒートテックウエストウォームショートパンツとタイツ。

スポンサーリンク

実際に、先日これで出かけたところ、電車の中で暑くて暑くて、逆に汗だくだくになってしまいました(笑)。

 

でも、これがヒートテック素材でなくコットンだったりすると汗で濡れた後、逆に冷えて風邪ひいちゃったりするんです。 ヒートテックは、通気性もあるところがよいと思いますよ。

 

実際におしゃれな人をみると、薄着が多い。

つまり、体のラインがシャープなんですね。

 

若い時のつもりで、可愛いと思ってモコモコニットを着ると、身体の丸みがよけい強調されて、可愛いどころかダルマおばさん、おしゃれとは程遠い感じになります。

 

おしゃれミニマリストは、シーズンレスを楽しむ。

 

今年、大幅な断捨離をして、タンス1本にすべての衣料をまとめ、夏冬の衣料の入れ替えをなくすことに成功した要因は、スカートやパンツを春夏、秋冬と使い分けることよりも、通年アイテムに絞ったからともいえます。

 

1年中使える薄手スカートでシーズンレス、そこには必須のあったかインナー。

1枚重ねることで、冷えが防止できれば、タンスの中のボトムがより着回せるし活躍します。

 

おしゃれミニマリストは、インナーを上手に使ってシーズンごとの衣料の入れ替えをなくす。

タンスの肥やしが減りますので、ぜひぜひ取り入れてみてくださいね。