「もったいない」でとっておいた服が復活する可能性はあるのか?

スポンサーリンク

昨日は本当に寒かったですね〜11月下旬の気温だったそうです。

ジャケットが必要な時期になりましたね・・・。

 

モノを捨てるのが、大の苦手な私(笑)。

ここ数年は、特にタンスの中身の総点検と、シーズンごとに服を断捨離しております。

ど〜でもいいようなモノはさっさと捨てられるのに、数年来、ず〜っと捨てられないもの、ありませんか?

 

なかなか捨てられない理由を考えると、こんな言葉が出てきてしまいます。

 

・まだ着られそう(特に傷んでいない)

・高かった(元が取れていない気がする)

・いつか着られるかも!(もったいない…)

 

という、いわゆる「もったいない」病に、私はかかっている気がします。

よ〜く考えて、実際にその「もったいない」で取っておいた服が敗者復活を遂げる事って……まず、ありえない。

 

それは、なぜか?

 
今日も 1クリック! どうぞ、よろしくお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 ファッションブログ 50代主婦ファッションへ

 

今、着ていないのには理由がある

 

・なんとなくサイズが合わなくなっている

・どこか古くさい

・手持ち服と合わせづらい

・実は今の自分のテイストじゃない……でしょうか。

 

服を広げて手に取ってみても、実はわからない。

結局、この服は着ないんだ(または着られるんだ)と自分で納得するためには、面倒でも一度、袖を通すしかありません。

袖を通すことで、「今、なぜ着ないのか?」の理由がすんなりとわかり、手放してもいい、と納得することができます。

 

…自分自身のことなのに、面倒くさいのですけども。

先日はキープ衣料の質を上げると考えて新しいルールを加えてみたりして→秋冬衣料のための新しいマイルール「豊かな気持ちになれる?

 

その服を着ることで『豊かな気持ちになれる』かどうか?

 

実は、数年前に買ったイッセイミヤケ PLEATS PLEASE。

こちら、ちょっとリッチに見えるアイテムの代表でした(過去形)。

スポンサーリンク

 

例えば、服を厳選して持っていかなければいけない旅行にもぴったり。

シワにならず丸めて持っていけるし、かさばらない。

袖なしトップスならタンクトップ風にも、ベストにもなる。

カーデガンなら、それ一枚をピンで止めればセーターっぽくも着れるなどなど使い回しも効いて個性的、ミニマリストにはぴったりの服。

お値段もそこそこしましたが、ある意味、豊かな気持ちになれるアイテムでお気に入りでした。

 

っが、今着てみると、なんかオバさんくさい。

周りを見回してみても、このブランドを着ているのがみんな50代以上の気がする(←ピッタリやん!)

 

以前は40代前半でこのブランド・・というのがおしゃれな気がしていたのだけれど、今となってはなんかハマり過ぎていて、どうもオバさんくさい。

 

まさに!

・まだ着られそう(特に傷んでいない)

・高かった(元が取れていない気がする)

・いつか着られるかも!(もったいない…)

アンド

・なんとなくサイズが合わなくなっている

・どこか古くさい

・手持ち服と合わせづらい

・実は今の自分のテイストじゃない

 

この1年なんども試して着て、そのたびに「あのイベントなら着られるかも!」、「また流行るかも」と取っておきましたが、この秋、とうとう心を決めて手放すことにしました(笑)。

 

あなたの中の「もったいない」で取っておいた服ありますか?

そしてそれは、復活する可能性はありますか?