ミニマリストを目指す身としては、できるだけ服の数を減らしたい。

そして、好きな服=似合う服だけでワードローブを作れたらいい、と思っています。

しかも、その服がいろいろなシーン/いろいろなコーデで着まわしできるのがベスト。

 

着心地もよくて、持っている服への活躍度が高ければ高いほど元も取れる(笑)。

こんな野望を抱いています。

 

じゃっ、どうするの?っていう話なのですが…

 

50代の着まわし術に必要なアイテムとは?

 

断捨離をすすめると、「今使っている/使っていない」という条件で服を手放していると思います。

じゃぁ、残った服が着まわしできるモノなの?と問うと…。

 

そうじゃなかったりします。

本来は着まわせることを見越しての断捨離がベストなのですが、意外とそうでなかったりして。

 

私はクルーネックのカーディガンが好きなので、今回も残すアイテム多数なのですが。

カーディガンが手放せない理由は、

 

1. 温度調節がしやすい。

2. ニット風に着たり羽織ったりできる。

3. 比較的何とでも合わせやすい。

 

つまりは、着まわし度が高いからなのです。

 

今日も 1クリック! どうぞ、よろしくお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 ファッションブログ 50代主婦ファッションへ

 

しかし、そんなカーデは単品で(羽織るだけ)として着ているならば、着まわしているとはいえません。

さらに活躍させるために、必須のアイテムがあります。

 

それが!

 

シンプルなカットソー(できれば、白)

いわゆる白Tです。

 

出た〜というか、何度も書いていますが、白T、ぜひ1枚持っていてください。

 

オシャレな人ほど、「ど」シンプルな白Tに、とことんこだわっている→無印&ユニクロの◯◯で【50代、着まわしの幅を広げておしゃれ度をあげる。】

スポンサーリンク

 

この組み合わせにすればニットのプルオーバーなしでもよいのですから。

なのに、この白Tを持っている方が、意外と少ない! 本当に痛感しています。

 

先日も、電車に小一時間乗っていまして、前に座っている人、立つ人のコーデをガン見してしまった私。

もう、残念な人が多くて…って余計なお世話なのですが。

 

あ〜、あの花柄のシャツではなくて無地にしたらよかったのに…とか、あのジャケットの下は、白がいいよね、とか。

 

本当に、みなさん服の数を減らすのであれば、「とにかく白Tを、まずベースにしてくださいよ!」と声を大にして、お願いしたい。

 

もし、持っていないなら柄物2枚を手放して、白T1枚を入れてほしい。

そして、どうせ買うなら「艶」のあるカットソーがよいです。

 

なぜ「艶」のあるモノをオススメするかというと、Tシャツスタイルって、どうしても子供っぽく見えてしまうものだからです。

子供っぽく見えちゃうから、50代の主婦ってTシャツ姿に自信がないんじゃないかと…。

 

シャツやポロシャツなど、襟のある服ならば、大人っぽく見せられるのですが、襟がなく活動的なTシャツはラフでカジュアルな印象を与え、どうしても子供っぽく見えます。

というか、カジュアルにしか見えない。

 

でも、そんなTシャツスタイルでも「大人っぽく」見せる方法がないわけではありません。

それが「素材」だと思います。

 

服って、「デザイン」だけでなく「素材」や「色」もとても大事です。

「大人っぽい素材」を使ったものであれば、Tシャツでもそれなりにサマに見せられます。

 

「大人っぽい素材」とは何か?

 

例えば、綿と絹の生地があると想像してみてください。

どちらの素材を大人っぽく感じますか?

 

きっと絹(シルク)なのではないでしょうか。

綿と絹との違い、それは「艶」ですよね。

つまり素材においては「艶」があればあるほど大人っぽい印象になるのです。

 

先日もフォーマルスーツの下に、シンプルな白を合わせようと思い、いろいろ試したところ、艶のある白Tがマッチしたのです。

フリフリの襟のブラウスやシフォンではなく艶、フォーマルで大人っぽい印象に仕上げるには「艶」のあるTシャツでオッケーだったんです。

 

着まわしのきくフォーマルファッションについてはこちら→無印&ユニクロの◯◯で【50代、着まわしの幅を広げておしゃれ度をあげる。】

 

 

1000円で大人おしゃれなTシャツがユニクロで!

 

その時の白Tが、なんと、ユニクロ!

1000円なのに、艶がある。

 

スーピマコットンクルーネックT(半袖)

¥1,000 +消費税

希少素材スーピマ®コットンを贅沢に使用。

なめらかな上質クルーネックTシャツ。

 

高級素材である極細のスーピマ綿を使用したもので遠目からも艶がわかるほど。


選ぶべき色は白、黒、ネイビーなどがオススメですが、赤やオリーブなどの色物も捨て難い。

 

もちろんスーピマ綿を使ったに艶のあるカットソーは、他にいくらでもありますが、では「1000円で探せ」と言われると、ないと思うのです。

 

そして、絶妙にユルいシルエットもこのカットソーのポイント。

50代の丸い中年体型でもキレイに見せられます。

 

通常、「体形を出さないように」とルーズなシルエットを選ぶと、ダボッとしたシワ感が強くなり野暮ったくなるのですが、このカットソーは前述の艶のおかげでややゆったりとしたシルエットながら、きちんと大人っぽさを維持できるのです。(ちょっと褒めすぎでしょうか・・・)

 

蘭子一押しなのが4月20日まで限定値下げ中の

リブボートネックT(5分袖)

¥790 +消費税

 

カジュアル感の高いワイドリブTシャツ。

広すぎないボートネックで女性らしい印象。

五分袖なのも、二の腕の太さが隠せてよいと思います。

細かいことを言うと、骨格診断でわかる体型ラインによって、似合う白Tの形が変わります。

これは体型によって、似合う素材や襟ぐりの形が変わるから。

 

実は、私の体型だとクルーネックよりボートネックの方がスッキリみえるんです。

肌に一番近いところに着る白Tって、体型に合わないものを選ぶと、一気に肌着感がUpしちゃいます。

 

似合うファッションを知るために必要な骨格診断→長年気倒しているユニクロのトレンチコート、手放さなかった理由は骨格診断にあった!

 

おしゃれミニマリストの着まわし

 

すご〜くシンプルな組み合わせですが、

 

白T xクルーネックカーディガンであれば

1)一枚でボタンを締めてニットとして。

2)白Tの上に羽織として

3)白Tの上に、ボタンを3つくらいまで開けてVネック風に。

これだけで3通りに着まわせてますし。

 

白T xジャケットモノであれば

4)デニムジャケットのインナーxふんわりスカートと合わせて。

5)テーラードジャケットのインナーxテーパードパンツやスカートと合わせて。

6)シャツワンピースのインナーxデニム。 などなど、

艶あり無地Tだからこそ大人っぽく着まわせます。

 

スーピマコットンT→白Tは縁の下の力持ち。

 

艶ありシンプルカットソーがあれば、お手持ち服の着まわし度がアップします!

50代、おしゃれミニマリストのオススメです。