先日、初めて履き心地が良いと評判のユニクロのヒールパンプスを買いました。

黒エナメルのポインテッドトゥパンプス、売り尽くし大セールが開催されて、なんと驚きの990円!!!

 

今まで、靴は高ければ高い方が良い、と信じていた蘭子にとっては、まさに「逆キヨブタ(注;清水の舞台から飛び降りるの略)」でした。

 

今日は、ミニマリストにあるまじき安物買いに挑戦した理由をお話しいたします。

 

年収は靴の価格に比例する

 

みなさんは、靴にはどのくらいお金をかけていらっしゃいますか?

 

よく言われるのは、「年収は靴の価格に比例する」というもの。

「財布」の話で有名なこの法則は靴にも当てはまります。

 

その年収を、どう弾き出すかというと、

【クローゼットの中の靴の平均価格×200=年収】なのだそうです。

 

計算をしてみて、現状の年収がそれよりも低いと今後年収がアップし、逆の場合はダウンする可能性が高いというもの。

多くのファッションスタイリストさんが、経験上そう感じられる方が多いのだそうです。

 

年収が上がるかどうかは別として、それ相応のランクになるということは、ファッションでいえば、お金を掛けるべきアイテムはスーツやコート、バッグでもなく、紛れもなく靴ということを意味しています。

 

確かに、いくら素敵な服を着ていても、最終的な全体のファッションを決めるのは靴ではあります。

着飾っていても、靴がボロボロ、形が崩れていたり、一見してビニールっぽかったら印象は悪いですものね。

 

こんなところにも参考になる記事が!→『年収は、なぜ「使う財布の値段」の200倍になるか?』

 

パンプスがまったく合わなくなった、50代主婦〜パンプスジプシー

 

さて、ここ数年、パンプスがまったく合わなくなったように感じます。

似合わないのではなく、足自体の形なのかサイズなのかわかりませんが、どれもこれも合わない。

 

着飾るわけではありませんが、そこそこ足に合った靴を履いていないと、疲れやすいし身体にもよくありません。

 

いままで履いてきたものでさえ、3時間もすると痛くて仕方がないということも。

そんなわけで、昨年あたりは大幅な断捨離をして靴の半分ほどを処分しました。

 

靴のように試着が必須のモノを、履きもせずに購入するのが大間違いなのですが。

先日も記事にしたように、断捨離したあげく、フォーマルな場所に履いていくパンプスがなくて、急遽フリマで買って失敗するという・・・。

 

パンプスジプシーの挑戦&失敗→【フリマのアプリで大失敗した買い物】〜ヤフオクより簡単、メルカリで上手な買い物のコツ。

 

とにかく、履くモノがない…というより、手持ちの靴自体、そこそこのお値段していたものなのに痛くて履けない状況(−_−;)。

スポンサーリンク

 

靴は年収と関係云々よりも、高かろうが安かろうが、履いてみて半日ほど経たないと足に合っているかどうか、なんてわからないのです。

(ただし、ウン十万のモノではないから、履きごこちなんてどれもこれも似たようなものなのかもしれませんが)

 

おそらく毎日、パンプスを履いて出かけるような仕事であれば、多少高い靴を買っても元はとれます。

でも、たまの外出にしかパンプスを履くことがない主婦であるとコスパの悪いこと。

 

今日も 1クリック! どうぞ、よろしくお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 ファッションブログ 50代主婦ファッションへ

 

3000円以下の美脚ヒールがユニクロから発売

 

さて、そんな悩みの50代主婦の前に、「3000円以下の美脚ヒールがユニクロから発売」のニュース。

 

以前から何回となくユニクロでは靴の販売が行われていましたが、昨年秋に発売された女性用のシューズは本格的なヒールパンプス。
このパンプスは5センチと7センチの展開。

バリエーションはこの他に、バレエシューズ、サイドゴアとシューレースタイプのブーツ2種類があります。

 

注目すべきは、パンプスです。
エナメルとスムース素材があり、一番美脚に見えるのはやはり7センチヒールタイプ。

 

ヒールの角度にかなりこだわって作られているそうで、細ヒールでも安定感があり、疲れにくいのだそうです。

 

ポインテッドフラットシューズ(エナメル)

¥2,990+消費税

そして、なんとGW中は¥990+消費税〜〜〜!

(現在は、¥1,290 +消費税です)

 

びっくり〜1000円以下です。

 

靴の印象

 

エナメル生地のもので、5㎝ヒールです。

すごく形がきれいで、見た目かなり上品。
ヒールもピンヒールほど細すぎず、フォーマルでもプライベートでも、どの場面でも合うかな・・・と。

 

靴を脱ぐシーンがなければ、ユニクロってわからないし、これはいいかも〜〜。

 

試着の感想

 

実際に、お店で試し履きしたところ、ヒールの形や全体的なシルエットもとてもキレイです。
履いてみて驚いたのは、この価格の靴にしては、底が柔らかくて足にフィットする感じ。

インソールのクッション性もそこそこあります。

本革ではないので、雨の日もこれで大丈夫そうだし。
ユニクロのHPの口コミにも書いてある通り、ふだんのサイズより小さめの作りです。

 

いつも24㎝の靴を履く私が、このパンプスを試着すると、小さすぎて痛かった。
24.5㎝を試着しても、小さいかもっていう。

 

購入

 

結局25cmを買いました。

 

なぜ買ったかって?

 

形がきれい!とにかく!そして安い!

 

靴にはこだわるほうなのですが、これは本当に形がキレイ。

横から見ても後ろから見ても、特に横からのラインなんて最高なんです。

 

収入云々より、靴は高くても痛くなるもんは痛くなるし、とにかくこのお値段なら、まず試してみようと思ったのです。

 

実際、履いてみた結果

 

実は・・・、玄関出てすぐに気がつきました。

 

パンプスを試着したのは素足、でもストッキングを履くとツルツルすべって脱げてしまうことに(^^;;

っで、そのまま・・・10歩も歩けない。

 

速攻、お取り替えです(−_−;)

 

面倒だったけど、お取り替え

 

たかが990円、されど990円。

本当にサイズが合っていればお得な一足になるかもしれないのです。

 

ユニクロに確認したところ、履いていない状態であればお取り替え可能とのこと。

しかも購入店舗ではなく、他店舗でも在庫さえあれば対応をしてもらえます。

もちろん、レシートやタグは、そのまま持って行く必要があります。

 

そこで、最寄りの駅近くのユニクロに持ち込んでみました。
サイズの在庫があったので、あっさりお取り替えできました。

今度は24.5cmです。

 

履いて歩いてみた結果、ふたたび

 

さて、本格的に1日履く前に、慣らし履きしてみました。

 

昔っから、わかっていたことですが、私、左右の足のサイズが違うんです。

なので右足はぴったりなのに、左足がパカパカ脱げてしまうという…。

 

これが、本革なら少しきつめでも履いているうちに、皮が伸びて馴染んでくるのでしょうが、やはり合皮ですしね。

むしろ、「このお値段なんだから、あんたの足の形をこっちに合わせなさいよ」位の感じでしょうか(笑)。

 

そして、そうだよね。だって1000円なんだもん。

 

対策

 

対策ですが、ドクターショールのかかとに張るタイプのクッション(ジェル)みたいなものと、かかとの内側にくねって貼る応急絆のようなもの、そこ全体にいれるインソールの3種類を用意してみました。

 

っで、いろいろと試したところ、この靴はかかとを詰めるべし! でした。

 

やっぱり、買ってよかった激安ユニクロのパンプス

 

でも結果、買ってよかったと思います。

雨の日もガンガン履きたいプチプラなユニクロシューズ。

 

しかも、今日の湘南は雨。

 

夏はもっぱらサンダルなのですが、夏までに履く手軽なパンプスが欲しかったところだし。

黒のヒールパンプスなら、どんな洋服にもほぼokでしょう。

プチプラな合皮なので、雨の日も気にせず履けるのもいいですね。

 

これで、パンプスジプシーを返上できることを期待しています。

 

そして、【年収は靴の価格に比例する】
こんなジンクスをくつがえすべく、仕事には精進いたします。