日頃、断捨離をすすめているのは、「今、ここ、自分」の気分に合う暮らしがしたいから。

そういいながら、「今、ここにいる、自分」の着る服がないって、いつも慌てていませんか?

 

今日は、断捨離しながらも貧乏くさく見えない50歳からのファッショントレンドの取り入れ方についてです。

 

昨年は、押入れのプラスチックの衣装ケースを全廃して、衣替えをなくすことに成功した蘭子です。

すべての服をしっかり把握できれば、毎朝慌てることもないはず!です。

 

シンプルで上質な生活を目指して→秋冬衣料のための新しいマイルール「豊かな気持ちになれる?」

 

さて、相当な量の服を処分したにもかかわらず、この時期になるとお尻がもぞもぞ・・・。

なぜって、ただいま、ショップはセール真っ盛り。

もう中盤に入ってきましたよね。

 

若い時よりも目が肥えているだけに、セール品を買い漁るわけではありませんが。

そんなものを厳し~くチェックして掘り出していくのが楽しい(笑)。

 

季節終わりのセールをうまく利用してトレンド感を出す→【節約しながらできる!50代主婦的おしゃれ経済学、5つのテクニック】

 

この季節終わりの最終セールで手に入れるべきは、来シーズンに活かせるトレンドアイテム。

まぁ、そうはいっても、次の秋冬のトレンドを見越してセール品を狙うのは、かなりの上級テクニックといえます。

 

でもね、ここ数年の大きなトレンドになっている帽子とかは、今買っておくべきなのでは?と思います。

 

おしゃれに自信がなくても着こなしが決まる便利アイテム→オシャレな50代女性にみる帽子コーデのテクニック

 

実は、先日のユニクロパトロール(単なる徘徊)で、GETしたのは、50代のファッションを1ランクアップする中折れハット、1290円(税別)→なんと500円!

 

帽子って、どこかで脱ぐこともあるのでタグは切り取って、アンティークなブローチをつけてみましたよ。

3月まで、この素材ならイケますよね。

 

ポチッと 1クリック! どうぞ、よろしくお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

 

春なのに、雪国仕様のイタいオバさんにならないために準備すること

 

梅春ものと呼ばれる1〜2月のシーズン。

お値段もけっして安くなってないし、そもそも春夏、何が来るのか自信を持てないから、 何を買っていいかわからない。

 

それに、今買っても 実際着られるのは3月、4月。

スポンサーリンク

2ヶ月も先…だったら、 その時期が来てから買ったらいいよね? …って思って、 結局いつも春物(または秋物)を買えずに終わる、このパターン、多いですよね。

 

だいたい、ショップには2ヶ月前からその時期の商品が並びます。

3月を例に取ると、 3月に着るのにぴったりの素材の服は、1月から並んでいるのです。

3月に入ってからだと、 並んでいるのは4月後半~5月くらいにぴったりなアイテムとなるわけです。

 

ユニクロでも、冬物が縮小されて、一気にボーダーTシャツとかが並んでいました。

まだ長袖ニットの時期なのに、春物ばかりが並んでいる、ってそういうことなのです。

実際、店頭で手に取ると まだまだ寒い今、 とてもとても生地が薄くて心許ない気がしてしまいますが、それでも、あと2ヶ月もすると 本当に空気の色も変わっています。

 

毎年感じるのですが、 2月末くらいから、もうダークカラーのダウンコートがふさわしくないような空気ってありませんか?

 

そのため、3月に入ったら (雪でも降らないかぎり) ダウンコートは封印。

ニットも真冬に着ていたようなもこもこは封印。

いつまでも、雪国仕様にしているとオバさん感満載になってしまいますので、季節に合わせてシフトしていきます。

 

春にすっきり切り替わるためには、 今から準備をすることが大事なのです。

 

着るものがない3〜4月。50代は、どうやってトレンド感を出す?

 

今年の春は、引き続きビッグシルエットがトレンドのようですが、これってアラフィフ以降が着ると、哀しいことにただのオバさん服にしかみえません。

 

普段から断捨離している、ベーシックなものが多い、着まわしできるアイテムしか買わないという方なら、トレンド感満載のアイテムはToo Muchになりすぎて見慣れない、着こなせない、という印象が強くなってしまうでしょう。

 

大きな面積を占めるアイテムで、トレンド感を出そうとすると、ともすると1年もしないうちに断捨離アイテムになってしまうかもしれません。

いくら旬のモノとはいえ、それでは困りますよね?

 

失敗しない50歳からのトレンドの取り入れ方は、「色」

 

シーズンのトレンドは1点だけ!で十分。

全身コーデに1アイテムでもいいし、1色でもいい。

もっと言えば、1要素でもいいと思います。

 

一番、誰が見ても「トレンド=旬」 を感じさせるのは、アイテムではなく、やっぱり色だと思います。

まずは色から取り入れるといいですよね。

 

全身に1ついれればOK。

まずは「色」から取り入れて。

 

こちらはPANTONE(パントーン)社が発表している2017年春夏のカラーです。

確かに、1月になって、実際にショップで目に飛び込んでくる色は、

・黄色

・グリーン

・水色

・ピンク のような気がします。

特に黄色~グリーン(インコみたいなきれいなイエローグリーン)は、本当にたくさん出てきていますよね。

 

鮮やかトレンドカラーをどう合わせたらいいのか…というと、手持ちのベーシックカラーと合わせてみればよいと思います。

シンプリストの基本色である、黒/白/グレー/ベージュ/ネイビー/カーキ、このあたりのいずれかとは必ず合うはずです。

 

買うなら、Tシャツとか、スカーフとか・・・タンスの中でかさばらないものを1点だけ。

 

トレンドなんて、絶対に必要な要素ではないかもしれません。

でも、1点はいっていると、旬さを感じるもの。

 

旬=今という時代を生きている、ということ。

「トレンドを取り入れなくちゃ(^^;;)」と気負うのではなく、 「トレンド取り入れちゃった〜♩」と楽しむのがコツなのです。