スポンサーリンク

今週から2018年の断捨離を開始しています。

2016年の後半から、ずいぶんと服の断捨離も進みましたが、それでもまだスッキリとはしていません。

 

断捨離を始める前までは、たくさん服を持っているのに…

 

  • なぜ、イマイチおしゃれになれないのか?
  • なぜ、ほめられた服をずっと着ているとイマイチなのか?
  • なぜ、痩せたら着ようと思っている服を捨てられないのか?
  • なぜ、いつも同じような格好になってしまうのか?

ということを、いつも悩んでいました。

 

この悩みって、私に限らず、洋服をなかなか捨てられない人が持っているんじゃないでしょうか。

 

ファッションには「潜在意識が現れている」

 

でも、断捨離を進めるうちにわかってきたことがありました。

特に、もう50代ともなれば、自分の好きなテイストもはっきりしてきますしね。

 

シンプルライフ&ミニマリストなら、大多数の方が無印好き、ユニクロ好き〜な方だとは思いますが。

 

ファッションって個性を表現するもの、服は寒さから身を守るものだと考えていませんか?

確かに、ファッションにはそのような要素もあります。

しかし、もう一つ大事な要素があります。

 

それは、ファッションは「潜在意識が現れている」ということ。

 

よく言われているのは、理想の自分になるためにファッションから見直すとか、芸能人の誰かをモデルにしてその人の服装や仕草などを真似してみると良いとかね?

 

ファッションを変える

潜在意識にすりこまれる

人生が変わる!

 

あっ!マタギファッション見直します(笑)

 

ファッションにはその人の「潜在意識が現れている」ということを知らないと、知らない間に潜在意識に悪いメッセージを自分で自分に送ってしまうことにもなりかねません。

 

潜在意識にいいメッセージも送るために、ファッションを変えるという方法

 

逆に言えば、ファッションを変えることで、自分の潜在意識にいいメッセージも送ることもできます。

 

ファッションを変えると、人って印象がガラッと変わりますよね。

 

若い頃の私は、よくありました。

今日は、ジーンズでボーイッシュに!とか、その次の日は花柄ワンピとか^^;

その日の気分でキャラを変えるってことが。

 

というか、テイストがその日によってバラバラ(そしてマキシマリストへと^^;)。

でも今思い返してみると「在りたい自分」とか「なりたい自分」が明確じゃなかったからといえます。

 

でも若い頃とは違い、50代主婦で普段着ユニクロの人が、いつもと違う(例えばセレブテイストの)服を着たら、印象がガラッと変わりますよね?

周りの人が受ける印象が変わるというだけでなく、本人にとっても、その意味は「いつもと違う潜在意識が顔を出した」ということだと思います。

 

いつもと違う潜在意識が顔を出したということは、日頃なかなかつかめない自分の思考が見つけやすい状態にもなっているのです。

 

普段着ユニクロだけど、心の奥底では思いっきりセレブな格好をしたいと思っている・・・本当は「ミニマリスト=貧乏チックではなくて、強烈にお金持ちになりたい」と思っている、とか。

 

服だけでなく、メイクとかもそうです。

テレビでよくあるbefore~afterがいい例です。

 

ああやって他人の手を借りて、ガラっと変えてみると、本当はこんな風にしたかったんだ、なりたかったんだ!という自分に気づいたりできるでしょう。

 

変化させると、見えてくるものがある

 

なので、何か改善したいことがあったり、解決したいことがある、変えたい現実がある場合は、いつもと違う服装、見た目を心がけてみるのも一つの方法だと思います。

 

そうはいっても、ファッションをなかなか変えられないという人も多いと思いますが。

 

そういう人は、脳のこの仕組みを理解するとわかりやすいかも→人間はホメってると進化しない

 

「なんか、全然しっくりこないのか?」、もしくは、「こういうのしたかったんだよね!」と納得するのか?

自分が常日頃思い続けてきた(潜在意識にたまってきた)モノが目の前の現実に現れる、という訳なのですから。

 

もし、変えてみて「イケてる!」となったら目っけもんですよね。

このイメージを採用して、「本当になりたい自分」に近づくことができますから。

 

この潜在意識の原理を理解すると、「何を捨てるか?何を残すか?在りたい自分はどんな人なのか?」を考えながらファッションを選ぶ、または試すようになります。

 

逆に、在りたい自分軸がしっかり定まっていないと、またむやみに服を買い足すことになります。

 

理想の自分のイメージするところから始める

 

毎シーズン、やっぱり何か買ってしまう、気が付いたらタンスがいっぱいだった…こういう方は、まず服を増やさない理想の自分をしっかりイメージするところから始めることをオススメします。

 

だって、自分の理想のイメージに合わない服なんて、買っても買っても気に入らない。

すぐにタンスの肥やしになっちゃうとしたら、やっぱりズレているんですよ、自分軸が。

 

好きなファッションのテイストとか、そういうことではなく、まず理想の人生があって、理想の暮らしがあって、そこにいる自分が来ている服…それを思い浮かべないと。

 

もちろん現実の今の生活は違うから、すべて理想通りの生活にあった洋服を揃えることはできないと思いますけれど。

でも、その要素を組み込むことはできるはず。

 

たとえば、セレブなマダム生活が自分の理想だとしたら、もしそのセレブなマダムである自分が今の会社で働くとしたら、どんな服を着る?

保護者会に行くとしたらどんな服を着る?

そういうことを想像するのです。

 

まずは、今持っている服の中で着られるものからスタートするけど、新しく買うときは、自分が買える価格帯の中から、セレブテイストのもの、マダムテイストのものを選んでみる。

そして、その理想の自分になっていくことが大事だと思うのです。

 

それさえも面倒くさいと思いますか?

 

コツは楽しんでやってみること

 

面倒くさがっていると、本当に在りたい自分を見つけられずに、嘘をついて暮らしているようなものですよ。

もっともヤバいのは、こういった方法を最初からバカにして試そうともせず、現状維持を続けてしまうこと。

 

思考が現実化するしくみはホントにシンプル。

 

在りたい自分、理想のライフスタイルにあった服装をしていれば、自然と近づいていくことができるのです。

 

コツは楽しんでやってみること。・・・と、ブレてる自分にも言い聞かせて(笑)

 

ファッションを変えることで、潜在意識にメッセージを送り、人生を変えていきましょう!