ここ最近、グッと涼しい湘南。

犬の散歩に出かけても、ここのところ、海の顔がグッと秋になったように感じます。

 

先日、夏のワードローブ云々と言っていたのに、あっという間に秋ですよ!

急に季節が変わると、 「何を着たらいいの? って、さらに悩みませんか!?

 

断捨離をすすめているせいか、今夏は結構少ないワードローブ&小技で着回すことに成功〜って、蘭子が勝手に思っているだけですが(笑)

 

というわけで、今日は、50代必見、この秋の最旬、トレンドカラーについて書きます。

 

2017年秋冬 絶対買って損なし、50代がきちんときれいなトレンド情報

 

たびたび、トレンドカラーについては、書いてきています→失敗しない50歳からのファッション・トレンドの取り入れ方

 

ファッション業界の友人に言わせると、トレンドカラーは約2年前に決まっています。

「インターカラー(国際流行色委員会)」という 国際組織があって、 そこで約2年前に○○のトレンドカラーは…と話し合いがもたれるというもの。

 

なので、自然発生的にみんながなんとなく着ているな〜ということではなく、業界的に故意に流行らしているわけですね。

まぁ、その流行に踊らされて、バンバン服を買っていたのが、昔のマキシマリスト蘭子なのですが(−_−;)

 

ちなみに、なぜ色が先に決まるかというと、色が決まらないと糸が揃えられないから。

糸は布地の材料。

つまり、糸からスタートするわけです。

糸を染めるところからはじめるため、作業工程の時間〜の逆算で、2年前に決まってしまうというわけ。

 

日本流行色委員会のサイトには、半年先までの「決まっているトレンドカラー」が 公表されていますので、あれこれ悩みそうな方は参考にされたらよいのではないかと思います。

日本流行色委員会

 

こちらのサイトには流行色だけでなく、「色の歴史」や「色のコラム」などのページもあるので、面白いですよ。

 

さて、こちらの流行色は、いわば「決められた」トレンドカラー。

なので、それが本当に「流行る」とは 限りません。

もちろん、自分が好きでもない色ばかりのこともあるわけですし。

 

それを踏まえた上で!

秋冬トレンドカラーをご紹介しますね。

 

2017年レディス秋冬トレンドカラー

 

日本流行色委員会のカラーテーマは、“Human Nature” ヒューマン・ネイチャー

スポンサーリンク

 

“ヒューマン”を中心に据え、ハイテクと、反対にあるローテクなどに焦点をあてたカラー

ヒューマンネイチャーとは人間性という意味。

日々の暮らしに幸せを見出すことや、人の手を使って作ったものなど、人の気配や温もりを感じるということが昨今の大きなテーマとなっている。

 

ファッションでは手仕事の価値が改めて認められていると同時に、手の込んだ熟練職人の手仕事を再現する機械などが開発され、技術がデザイナーの創造をさらに広げている。

ハイテクとローテクは両極端にあるようでいて、実はとてもつながりが深くなっている。

ふたつをつなげるキーワードは「人間性」である。

 

2017年秋冬レディスウェアカラーは、ハイテク、ローテク、その真ん中にあるヒューマンをイメージさせる色を選定した。

 

ヒューマン・ネイチャーのカラーグループの特徴

 

1. Cyber Romantic サイバー・ロマンティック

 

未来やテクノロジーをイメージさせる、きれいで軽い、澄んだ色調。

人に寄り添った、人を幸せにするための技術革新が進んでいく。

人肌のベージュと暖色系ライトカラーが人とロボットの共存を象徴する。

 

2. Beautiful Mind ビューティフル・マインド

 

変化のスピードが速い社会の中、自分の生活を大切にしてゆっくりとした時を持ちたいと願う人が増えている。

大切なのはいかに心豊かに暮らすかということなのだろう。

このグループでは、暖かな人肌や木肌をおもわせるブラウン系と自然素材をメインとしたベーシックカラーを選定した。

 

3. Magical Craft マジカル・クラフト

 

ファッションのトレンドが移り変わる速度が遅くなり、カラーもトレンドが長く続くようになっている。

単色でのトレンドカラーが生まれにくくなっているため、配色で新しさ、トレンド感を表現することが求められる。

17年秋冬ではハイコントラストな配色に注目したい。

 

出典 一般社団法人 日本流行色協会

 

一方、ニューヨークや上海で毎年開催される大規模な国際見本市、SpinExpo。
年に2回開催されており、同時に毎年の流行色・トレンドカラーをPANTONEカラーで発表しています。

 

Dusty Neutrals

 

Cooling Greys

 

Frosted Metals

 

Faded Reds

 

Indian Summer

 

Lush Yellow

 

Vibrant Greens

 

Celadon Ceramics

 

Gem Blues

 

Ivory Whites

 

Fleece Browns

 

Victorian Darks

出典:pinterest

 

それぞれに色のパッチでいくつか選ばれていますが、どれも素敵な色合いばかり…というか、これを網羅していたら、またまたモノが溢れかえってしまいますよね。

 

今日も1回 1クリック! どうぞ、よろしくお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 ファッションブログ 50代主婦ファッションへ

 

50代こそ身につけたい〜この秋最旬カラー

 

こういった業界からの情報と、私が実際に店頭で見て感じているトレンドカラーで、ぜひ50代こそ身につけたい5色を、紹介します!

 

出典:秋冬トレンドカラー一覧(PANTONE社)

 

赤・ボルドー・ピンク

 

こっくりした赤、深みのある(紫寄りの)ピンク。

赤〜ピンク系がとにかく目立ちます。

 

これはいいな〜と思ったのは、黒のトップスに深みのあるピンクのボトムの組み合わせ。

先日のユニクロのセールで買ったくすんだピンクのシフォンスカート、まさに黒のトップスと合わせてみようと思ってます!

 

マスタードイエロー

 

この春からずっと続いている黄色人気は健在。

とはいえ、秋冬らしく、こちらもこっくりした色。

やはり、定番の黒トップスと合わせたり、紺と合わせたり… コントラストがはっきりした組み合わせで、すっきりとした印象になりそう。

 

ダークグリーン

 

カーキとは違う深緑。

この色がかなり目立って上がってきているように思います。

 

緑って…実はちょっと難しい色(笑)。

私も苦手なんですが、差し色として使えると最高にオシャレ。

でも、ダークグリーンならかなり取り入れやすくなります。

 

ブラウン、ベージュ

 

一昨年のテラコッタ、昨年のキャメル。

今年は、チョコレートブラウン…と、 ブラウン人気がじわじわ続いています。

アクセントと言うよりは、コーデの軸となるベースカラーとして取り入れると良いかもしれません。

 

このブラウン、ベージュ系のお色。

パーソナルカラー診断などで、ぜひ白黒系が合うお顔なのか?ベージュ茶系がしっくりするお顔なのか?しっかり見極めることで、無駄買いをなくせると思います。

 

ネイビー

 

定番カラーと言えば定番なのですが、濃淡さまざまなネイビーが上がってきています。

この秋は、これもベースカラーとして取り入れてみてください。

 

全体的にくすんだ色合いだけれど、身につけると意外としっくりくる色が多いように思いませんか。

私的に特に気になっているのは、ボルドーとダークグリーン、そしてブラウン。

特にブラウンは、今まであまり取り入れていない色。

 

なんといっても私の鉄板コーデは黒x白なのですが(−_−;)

でも、いつかはしっかり着こなしたい色、ブラウン。

 

普段使い慣れていないカラーは、顔から遠いところに持ってくると比較的取り入れやすいはず〜、まずはそこから始めましょうね!