本当に、掃除機断捨離できないものなのか?

ずいぶんと長い間考えていたこの問題、掃除機の断捨離に挑戦してみました。

 

掃除機っていったん買ってしまうとかなり長く使うものだと思います。逆にいうと壊れにくい・・・。

 

以前は、小さな家だったしフローリングだったので、気にならなかったのですが、この家に越したのを機にサイクロン型の掃除機を購入してみたのですが。

 

サイクロン型掃除機のメリット、デメリット

 

ダイソン社が出したサイクロン型掃除機、埃の集まり具合が見えて、いままでのような紙パックが不要ということで、こぞって人気の商品となりましたね。

さすがに掃除機に8万もかけなくても、とはいうものの国産メーカーで出しているサイクロン型の掃除機を私も購入してみました。

 

この掃除機、埃は見えるけどさ・・・。

このサイクロン型って・・・、私がズボラでこまめにフィルターを掃除しないのが悪いのか?それともペットの毛が多いからズグにつまるのか? あっという間にフィルターが埃まるけになってしまうんです。

 

そして、紙パックでないので、埃を捨てる時にまた埃が舞い上がるという、掃除しているのにまた掃除したくなるようなゴミの出方・・・というわけで、なんとなく使いにくい。

 

しかも最近の掃除機って、昔のようにコンパクトにならずにホースが出っぱなしなんですね。それも、ちょっとね〜。どこかにいつもしまっておく必要があるわけなんですね。

 

で、サイクロン型の掃除機、意外と寿命が短くて(−_−;)。

埃が詰まって動かなくなったのを機に捨てました。

こんなことって、あるんでしょ〜か。

 

ポチッと 1クリック! どうぞ、よろしくお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

 

これで掃除機なしの生活か?

 

フローリングの部屋は箒とワイパーでかなりすっきりするのですが、ところが、我が家には、まだ絨毯の部屋が2部屋もあるため、やはり箒だけでは掃除にならず(−_−;)・・・でも大きな掃除機は買いたくない。

 

そんな時に、ちょうどクレジットカードのポイントがたまり、スタンド型掃除機をゲット!

「わ〜い、買わずに済んだ。これで十分」〜かと思いきや、このスタンド型の小型掃除機、やはり性能も小型でした。

 

絨毯のゴミ、汚れって、ある程度の吸引力がないと、吸引できないものだったんです。

吸っても、吸っても、まだなんか汚れている・・・そんな感じのこの掃除機。

この程度だと掃除機とも呼べず、ハンディクリーナー程度の性能としか思えなくなってきた。

 

プチプラでも十分だった紙パック式掃除機

 

もう大型のサイクロン掃除機は要らない、でも小型では性能が悪い。

 

で、最終的に行き着いたのが紙パック式の小型掃除機。

以前のものに比べ、相当のプチプラ(スマホフリマで4000円)のものなのですが、実はこれが一番良かった(笑)。

スポンサーリンク

 

サイクロン大型

サイクロン小型 スタンディング

紙パック小型

 

これが畳と板の間だけの家であれば掃除機などは不要なのだと思います。

そういった意味では、昔の日本家屋、日本の生活は、余計なものがなくミニマムな生活そのものだったのではないかと思うのです。

 

掃除機の要る要らないを考えた時に、逆にいうと今のライフスタイル(カーペット敷きの部屋)になってしまったから必要になってしまった家電なのですね。

 

シンプルライフを考えた時、生活空間や生活の仕方を変えることで、もっとシンプルに、そして不要になるものって出てくるものだと思います。