今年も早二月。

息子の受験で何かと心がザワザワするのですが、よくよく考えると自分ができることは何もないのです。

こんなザワザワの時は、何も考えず1日15分27個のプチ断捨離をするのに向いていると思います。

 

先週、ダンシャッたモノは本、キャラものと化粧品数点。

さっさと捨てればよいものを、往生際悪く、またしても買取りに出してみました。

 

リサイクルショップに持ち込むことができない本

 

あんなに本を断捨離しているのに、まだまだ出すものがあります→600冊の本を断捨離。本好きなあなたでもできる本を手放す方法

 

普通の単行本などは、本屋でも図書館でも手にとれますが、展示会で販売されていた特殊なカタログや外国の絵本などは、なかなか手放す気持ちになれませんでした。

 

ですが、あらためてまた「今、ここ、自分」と考えてみると、どれもこれも要らないものばかりなのです。

今までスルーしていた書棚から、また数冊抜いてみました。

 

ポチッと 1クリック! どうぞ、よろしくお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

 

こちらの書籍、荒木飛呂彦さんという人気の作家の方の本〜仕事で手に入れたけれど、今となっては読まない本(しかもフランス語)3冊です。

 

荒木飛呂彦さんが描く『ジョジョの奇妙な冒険』のムック本などをまとめて出しました。

 

JoJomelon

jojo6251

岸辺露伴 ルーヴルへ行く (愛蔵版コミックス仏語版)

本屋さんでも、あまり見かけない本ですし、荒木飛呂彦さんは、今人気の作家さんなので、念のためスマホアプリで出品してみました。

 

すると、4000円(送料込み)でお買い上げ〜〜〜♡いただけました。

こういった話題の作家のムック本はまだ需要があるかしれませんが、書籍というものは重量があるので送料がかなりかかります。

 

次の目玉は、中原淳一の展示会カタログ

フランスのキャラクターTINTIN(タンタン)の絵本、確かフェリシモかベルメゾンの月一の通販で購入しました。

 

フランス語の絵本ですが、簡単なあらすじが日本語でついています。

 

 

そして単行本数冊です。

発送の手間を考えると、とりあえずまとめて下取りに出した方がよいかと、ブックオフオンラインに申し込みました。→ブックオフオンライン

スポンサーリンク

 

こちらはネットから申し込み、住所を入れると箱と送付伝票を送ってくれます。

集荷の日程を設定しておけば、その日に佐川急便が集荷に来てくれるので、とっても便利です。

さて、数日たってメールにて買取の価格がやってきました。

 

書籍→21点/1,223円

買取専用ダンボール→0点/0円

お値段のつかなかった商品→7点

合計→21点/1,223円

 

今回はブックオフオンラインクーポンを利用したので、書籍の買取金額を通常価格より30%アップで買取していただいています。

明細にあるお値段のつかなかった商品が何であるかは不明なのですが、とりあえず1200円ほどになりました。

 

使えそうで使えないキャラクターモノ

 

次に下取りに出したのは、キャラクターモノです。

キャラクター会社に勤めていたせいで、人よりキャラクターアイテムを多く持っているということもありますが、ここ数年は可愛くて捨てられないというよりは、とにかく仕事のために持っていたモノを処分しています。

 

衣類の買取をされている方ならご存知かと思いますが、ブランドモノでなく単なるキャラクターものを買い取ってくれるところというのは、まずありません。

ただ、探していくとディズニーものであればオッケーというところも出てきました。

 

こちら→ポラリス

こちらもブックオフ同様、ネットで申し込みです。

 

今回、送ったものは、

ブランドものの靴(サイズが合わず履けなくなったもの)

キャラクターもののスェットや、買ったけれど着ていないもの(なんともったいないことか!)などなどのアイテムをかなり大きな箱にまとめて送りました。

 

 

 

さて、ポラリスから返ってきた査定価格は以下のように。

 

飲料のフィギュアコレクション 全15種/300円

ロベール・クレジュリー パンプス1点/1,000円

その他まとめさせて頂きまして:お見積もり査定金額/400円

合計→1,700円でした。

 

いつものように、We Shopに持ち込めば0円ですが、こういった本とキャラクターものは、リサイクルショップに持ち込むことができません。

そのまま不燃ゴミに出すことを思えば、少しでも価格がついたことで良しとするべきかな、とも思います。

 

使っていない化粧品、実はカビの宝庫だった。

 

本、キャラものをスッキリさせた後、気になったサニタリースペースの引き出しからも、化粧品を数点抜き出しに成功。

 

それが、こちら↓

日頃、使っているコスメケースの中で放置していたアイシャドウと、使っていないマスカラ、口紅2本を捨てようと思います。

こういった化粧品も、中古品として売っているのを見たことがあるのですが・・・。

 

久しぶりにケースを開けたところ、なんだかうっすらと白いモノが…(^^;;
これはもしや??? カビ?

 

聞くところによると、アイシャドウやマスカラというものは、目や肌の皮脂などがついて不衛生になりやすいらしい。

マスカラとかは数ヶ月使っていなかったら、中でカビが繁殖しているのは間違いないそうです。

 

そして口紅も。

気に入って買ったものですが、時間が経つにつれて匂いがとても気になるようになってきました。

 

こんなモノ、売りようもありません(^^;;。

 

以前のように毎日仕事に出るわけでもないので、口紅の消費量も減っているわけです。

結局、たくさん持っていてもどんどん悪くなるだけですので、これは即、処分です。

 

 

さて、今回のプチ断捨離。

今までとは違い、ほんの少しずつ各カテゴリーから抜いてみました。

 

本やキャラモノは下取りに出したことで、多少時間がかかりましたが、3000円弱。

ちょっとしたランチ代として、キープしておきます(^ ^)。

 

1日15分27個のプチ断捨離、みなさんも心がザワザワする時にこそ、お試しください。