スポンサーリンク

みなさんは 「自分が変われば相手も変わる!」 と、頭では分かっていても 、「この相手にはそれをしたくない!」 って思ったことは、ありませんか?

 

例えば、断捨離。

私は、いつもきれいに片付けているのに、夫はちっとも協力してくれない。

モノをためこまないでほしいのに、こっちのことはおかまいなしで汚部屋状態。

 

そんな時に、断捨離トレーナーにアドバイスを求めると、「まずは、あなたから変わりなさい。あなたが変われば、ご主人も変わります。」と言われます。

 

でも、「夫のために、どうして私が変わらなきゃいけないの?」

そう、とっさに思いますよね?

 

「どうして私が変わらなきゃいけないの?」

 

汚部屋くらいであれば、まだ救いようがありますが、俗に言うモラハラであったりすると本当に悩みますよね。

 

私がまだ、20代。

元夫とまだ夫婦で、でもお互いの価値観や家庭に対する考え方の違いに、どうにもこうにも進まなくなってしまった頃の話です。

離婚したいと思いだした時には、私の周囲にいる人生の先輩たちは、いろいろなアドバイスをくれました。

 

その中で、「離婚したいなら、彼に感謝出来るようにならないとダメだよ」 と言ってくれた人がいまして…。

 

私も、その頃にはようやく、これは自分の心の問題や思い込みの癖を直さなければいけないのかも・・・と、うすうす気づいてはいたのです。

方々で勉強し始めたりしていたので、頭では分かってきていました。

 

これは、「自分が変わらなければ、相手は変わらないな」っていうこと。

 

でも、「言っていることは分かるけれど、今はしたくない!!」 って、ずっと突っぱねていました。

 

「愛情を求めるくせに与えない」というクレクレ星人だったというイタい過去→【衝撃!元旦那の訃報に想う〜人間関係の取引を無意識にしていたあの頃】蘭子の黒歴史

 

結論から言うと、100%手放しで「ありがとう」とは言えないけれど、少なくとも「今、この考え方ができるようになったのは彼のおかげ」と思えるようになったら、2年くらい、まったく同じテーブルについて話も聞こうともしなかった彼が、「この届け(サイン済みの離婚届)は、君が持っていた方がいい」と言い始めたので、まさに彼女のアドバイス通りだったわけですが。

 

特定の人に対してだけ「変わりたくない」気持ちの対処法

 

特定の人に対してだけ「なぜ、変わりたくないのか?」
思うに、自分を取り巻くすべての人に、この感情がわくわけではないと思うのです。

 

私も、仕事の部下のためなら、簡単に(というか努力してでも)自分を変えることが出来ただろう。
(今でいえば)子どものためにも、出来る。

 

でも、元夫には、「したくなかった」…というか、正確にいえば「できなかった」のです。

このブログを読まれているみなさんにも、そう感じる特定の人がいたりしないでしょうか?

 

でも自分が変わった方が、問題の解決は早いはずなんだ、そう思う時はどうしたらよいのでしょうか。

 

なぜ、自分が変わりたくないのか? その理由を明確にする。

 

誰か特定の人に対して変わりたくないのには、変わりたくないだけの理由が必ずあります。
なにも子どものように「変わりたくな〜い!」って、理由もなくダダをこねているわけじゃないのです。

 

それをまず明らかにすること。

具体的には、「どうして変わりたくないの?」って、自分で自分に問いかけてみるのです。

 

私の場合、そう問いかけて出てきたのは、「だって、私は悪くないから」でした。

 

だって家に帰ってこないのも、DVになったのも、向こうの勝手じゃん!
私は悪くないのに、なんで私が変わらなきゃいけないの???

 

今でこそ冷静に言えますが、当時の私には、自分の方が変わることは「負け」という気持ちだったのですね。
もっと言うと、変わることは、これまで色々問題がありながらも、仕事や家庭のために頑張ってきた自分を否定するような気がしたのだと思います。

 

私のことを認めてよ。なんで認めてくれないのよ!

私ぐらい私を認めてあげなくちゃ、私がかわいそう・・・!

 

自分が変わることは、今まで生きてきた自分の人生や、親や友達のことを全部否定するような気持ちになってしまっていたから。(って、今思うと、ホント、大袈裟なんだよ、アンタ!)

 

だから、頑なに変わることを拒否してしまったのだと思います。
おそらく、自分が変われば相手が変わることは頭では分かるけれど、心がそれを拒否している人には、上と似たような葛藤があるのではないかと思います。

 

「自分は正しい」というところから絶対踏み出そうとしない人もいます→変わりたいのに変われない人の特徴〜「在りたい自分」がわかるとブレなくなる

 

ポチッと 1クリック! どうぞ、よろしくお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

 

変わることは、これまでの自分を否定することではない。

 

私が今日、そんな「なんで私が変わらなきゃいけないのよ!」と、憤っている&悩んでいる、現状を打破したい方に言いたいことは、「変わることはこれまでの自分を否定することじゃない。」ということ。

 

そしてもっと言うと、相手のためでもありません。
声を大にして言いたいのは、それは「自分のため」。

 

自分が1分でも1秒でも今のストレスから解放されて自由になるために「自分を変える。」
それが、近道なのです。
だって相手が変わることを待っていたら、10年かかるのか100年かかるのか分からないでしょう。

 

その間、ずっと同じストレスを抱えて、イライラモヤモヤしているのでしょうか?
それこそ自分を大切にしていない行為なのではないでしょうか。

 

いつ来るかも分からない、相手の変化や改善を待つくらいだったら、自分が変わった方がよっぽど早い。

 

「自分が変われば、相手も変わる。」

 

「自分を変える」ということは、相手のためでもないし、これまでの自分の頑張りを否定するためでもない。

 

これまでの自分の頑張りを、無駄にしないために自分が変わる。

自分のしあわせのために、自分を変える。

 

そしてもっと言うと、変わりたくない時は無理に変わろうとしなくてよいとも思います。
「今はまだ、その時期じゃない、準備が出来ていない」ってことなので、変わってもいいかなと思えるタイミングまで、蓋をして寝かしておけばいいと思います。
そんな自分を責める必要もありません。

 

ただ、みなさん(私も含め)「夫のために、どうして私が変わらなきゃいけないの?」というザワザワした気持ちになっている時は、かなりもう期は熟していると思うのです。

 

「自分が変われば相手も変わる。」

 

これはもう疑いようのない真実です。
けれどもそれが出来るタイミングは人それぞれ。

 

「変わりたくない」と、気持ちが頑なになってしまった時には、ぜひ「◯◯のために」ではなく「自分のために」と考えてみてください。