スポンサーリンク

さて、「シンプルライフ」・・・とはいうものの、「シンプルライフって何?」ですよね。

シンプルライフやなりたい自分っていうものを具体的に表わすことってとっても難しい・・・もちろん蘭子もそうです。

 

日々の中でミニマリストを目指したり、ブログを始めたり、はできるけれど、本当にそれでなりたい自分になれるのか? とも思います。

一番わかりやすいのは目に見えてできることから始めることなのではないでしょうか。

 

私の「シンプルライフ」の条件の中に「健康」と「スポーツをしてイキイキとしている自分」という項目があります。

でも、会社を辞めてからは近所のスポーツジムに登録しヨガを始めたりはしているものの、気が向いた時だけジムの温泉目当てでトレーニングに行っても大した健康維持にはなっていないと思います。

 

本当は、すればいいことがある・・・そう思っていても蘭子の心の中で、ずっと目を背けていたものがあるんです。

 

それが・・・マラソン

 

実は、2年ほど前に高校の同窓会の幹事をした蘭子、そこで同級生のMちゃんに「マラソンをしない?」って誘われたのです。

その時はノリで「やる、やる〜♪」と、お酒が入っているのでかなりいい加減になっている蘭子は二つ返事をしてしまいました^^;
そして数日後・・・

 

K君から届いたメール

 

(以下、許可を得て転載)

 

『めざせ!ホノルル』
◯◯ちゃん(←蘭子の高校時代のあだな)、こんにちは。Kです。
同窓会の幹事役大変お疲れ様でした。また本当に大感謝です。有難う御座いました。

 

ところで、Mちゃんから聞きました。チームH(同級生で作っているマラソン部)入部決断大歓迎です。

早く公開しましょう。皆大喜びしますよ。

 

さて、それではチームメンバーの紹介から、現在のメンバーは、Tさん、Eさん、Wさん、Mちゃん、感謝の同窓会で繋がった、306組のIさん、EKさん、HA子さん、309組のMさん、そして海外組のYちゃん、305組のSさんです。

そして◯◯ちゃんの入部で12人です。

 

いつも応援に来て貰ってる今年の湘南マラソンは、海外組を除いて現在メンバー全員参加します。(Iさん、HA子さん、E子さんは10km)

 

◯◯ちゃんも来年は応援組から参加組へ転向ですね。

 

さてはまず、自分の走り始めたきっかけからお話ししますと、学生時代から結婚前までは、サーフィン、テニス、スキーと一通りの軟派コースを進みました。

 

しかし結婚後、体を動かす事とは十数年無縁になり、発車する寸前のバスに飛び乗る為バス停まで10mを走っただけで翌日は筋肉痛になるほどでした。

子供の運動会でも足がもつれるので走ったりしませんでした。

 

そんな自分でしたが、7年前の正月休み、例のごとく昼間からビールを飲んだりおせちやお餅を食べたりしてたところ、何か体が「なまる」とゆう感覚を覚え、こんなんじゃだめだと早死にすると思い、近くの平塚総合公園を歩くようになったんです。

 

最初はゆっくり歩いてましたが、その内早足になり、早足は結構疲れ、走った方が楽なんじゃないかと思い走ったところ30mぐらいでもうゼイゼイ状態でしたが、毎週休日にそんなことをしてたら距離が少しずつ伸びていったんです。

そんなんでも汗をかいた後の爽快感が気持ちよく、ストレス解消にもなりました。

 

そのうち徐々に走るのが気持良く、これは趣味として健康の為にも長く続けたいなぁと思い、しかし挫折しないように何か目標を持とうと思い、そんな折第2回目の東京マラソンの募集を知り応募したところ当選してしまったのです。

 

出場するからには、棄権することなく完走をしたいと思い、毎週末走るようになりました。東京マラソンでは途中歩くこともなくエイドで給水給食ストレッチしながら、なんとか完走しました。

ゴールゲートでは 俺でも42km走れるんだ!

フルマラソンを完走したぞ!と感動し涙が出そうになりました。

 

その年は湘南国際マラソンにも出場し、ハーフの大会にも出るようになり、翌年にはTさん、Eさん、Wさんをなかば強引に巻き込み、チームHを結成し、その後Mちゃんが入部した次第です。

 

それでは、走り始める最初の準備として、シューズですね。

最初は底の厚いクッション性のあるシューズ、スポーツショップ(藤沢だとB&D、GALLERY・2、関水スポーツ)では走力別にシューズが並べられていますので店員さんと相談してチョイスしてください。

 

同じサイズでもメーカーによって足を入れるときつかったりそうじゃなかったりしますので色々と履いてみてください。

あとこれからの季節、帽子は必需品ですね。

 

走り始めの心得

 

一つ目、
最初は歩くことからでOKです。その後走りたくなってきたら走ればよいと思います。◯◯ちゃんちゃんの家のそばには、ランナーが沢山走っている湘南海岸サイクリングコースがあるので、モチベーションアップには持ってこいだと思います。

でも夏は日陰が無いからきついかもね。

 

二つ目、
毎日歩かなきゃ、走らなきゃとは思わない事。それが気持ちの負担になったりすると挫折の原因になりかねない。

休みの日に、朝早起きして出かけるとか、夕方ちょっと行ってみるとかで十分。

続けているとそれがだんだん楽しみになってくるはずです。

 

三つ目、
走る事が出来るようになったら、なにもに早く走る必要はまったく有りません。

いきなりスピードを出して走るとたぶん足が悲鳴を上げるでしょう。

 

ゆっくり、ゆっくりで十分。

ただ、少しずつ体を動かす時間を延ばすようにすれば持久力が付きます。

 

四つ目、
ゆっくりでも走るようになると最初は、筋肉痛の他に、足のあちこち(膝とか足首とか)が痛くなるかもしれませんが、その時は休むこと。

走る前後にストレッチを行ったり、アイシングとかして更に悪くならないように予防してください。

 

五つ目、
目標を持ち、モチベーションを見失わない事。やっぱり大会出場が一番良いかな。いきなりフルを目標にしても良いと思いますが、10kmとかハーフとかでも。

 

もうすぐ東京マラソン(2月)や横浜マラソン(3月)のエントリー(抽選)が始まります。

来年の湘南は一緒に走りましょう。

 

六つ目、
これからの暑い季節は熱中症に気をつけて。水分補給(スポーツドリンク等)は十分に。のどが渇いてからは遅いです。

 

また走った後、帰宅してからすぐに水分補給だ!とビールをいきなり飲んだりすると脱水症で倒れます。自分は何度か経験済み。

 

走る事により、汗をかき、心肺機能が高まり、筋力が付き、基礎代謝がアップします。

脂肪が燃えやすくなり、太りにくくなり、ダイエット効果、健康の維持向上、美容効果等の得する事があります。

 

最後に いつも皆に言っているこの言葉があります。

「千里の道も一歩から、継続は力なり」

 

◯◯ちゃんも、5年後のホノルルに一緒に行きましょう。

ぜひ、チームHメンバーへ登録申請して下さい。

 

それでは怪我をしないよう頑張ってください。 K

 

 

K君からのメール、もらってすごく嬉しかった・・・実をいうと、K君って高校時代は陸上(特にハードル)が得意でクラス対抗の競技会があるといつも優勝していた人なんです。

 

それを木陰からじ〜っと(笑)写真に撮っていたのが私。高校時代の蘭子は授業を抜け出したり、学校を休んだりしていたちょい不良女子高生。

 

普段はそんなに見られていないと思っていたK君にある日「お前、もっと学校来いよ!」と言われて随分と凹んだ思い出があります。

 

そんなK君からのお誘い・・・なのに、このお誘い、放置しておりました。

 

ブログを始めるにあたって、このメールを思い出して読み返したのです。

 

K君、私走りますよ!

 

手始めに来年の湘南藤沢市民マラソンにエントリーしてみました。 風光明媚な湘南・江の島をスタート・フィニッシュする10マイルコース、いつもはその1/10くらいしか犬とお散歩しないけれどね。

 

先日、家から駅までの往復を走ってみたけれど200mくらいで、腿の裏あたりがつりそうになりました(笑)。

 

「本当にできるのか? 蘭子」

 

人生はフルマラソン、走ってみなければわかりませんもの。